魂の約束について考えてみる

ツインソウルかもしれないと思っている相手は外国人。

今日は魂の約束について考えてみるについて

書いてみようと思います。

ツインレイというと

来世で絶対会おうね

来世では結ばれようね

と約束した相手と表現されていて

とてもロマンチックに感じます。

私は、たまに魂の約束について考えてみたり

するんですがどんなシチュエーションで

来世こそは一緒にってなるのかなって

想像してみる時があります。

どちらかが死ぬ間際に手を取り合ったりして?

一緒に心中した時?

親に反対されて別の人と結婚しなければならない時?

来世こそは一緒にって思う瞬間って

2人が同時に思うことってなかなかないような気がします。

片方が来世にまた会いたいと思うことはあっても

もう片方がそうだとは限らない。

2人が来世こそはと心に思い

今世でまた出会えることが出来ていたら

ご縁って本当に不思議で奥深いものだなーと思います。

でも現実は

なんで出会っちゃったんだろう?とか

只辛い。なんて思うこともあったり

ロマンチックとは程遠く、甘〜い関係とはかけ離れています。

そこから学んで知っていくことにより辛さも薄れていくように感じます

魂の約束結婚とは限りません。

男女のことほどLOVEに結び付けたいけど

きっとそれは統合後のことなんだろうなーと思ったりしています。