私のギター、ちょっとだけお宝らしい(SquireJVシリアル)

元小学4年生の時に流行ってたランナウェイズやKISS、

そしてベイシティローラーズで洋楽に目覚めた私。

ハードロックにハマるきっかけはリッチーブラックモアなので

(私らの世代はリッチーかマイケルシェンカーがハードロックの入り口率高し!)

中学の頃は

ギター欲しい。エレキギター欲しい〜。ストラトキャスターってやつ!

マーシャルのアンプってのも欲しい!

と親に言っても買ってくれるわけもなく、年上の従兄弟の兄ちゃんがくれた

フォークギターを私製リッチーブラックモアモデルに仕上げてw

適当に弾くのが関の山でした。ギタータブ譜の存在も知らんしね

これ、実家に未だにあるよ(笑)

女子中学生のリッチーへの溢れる愛情!落書きと言わないでねw

高校に入学し相変わらずギターとアンプが欲しい!と言い続けてた1982年。

母親が

そこまで欲しいなら、自分でアルバイトしてギター代を貯めなさい。

それが出来たらアンプ代はお母さんが出してあげる

と条件を出してくれたので、夏休みにお好み焼き店でバイトしてお金を貯め、

やっと貯まった5万円を持って母親と一緒に楽器店までいそいそと出かけたので

ありました。

欲しいのはフェンダーストラトキャスターこれ一択だったんだけど、

楽器店にエディァンヘイレンによく似た店員さんがいて

今、凄くいいギターが発売されましたよ!フェンダーの子会社が作ってる

ストラトキャスターです

と言われたのがSquire(スクワイア)というメーカーのストラトキャスター

なんだこれ〜と思ったものの、の文字が

リッチーが使っていたフェンダーストラトと同じだったので

一応、小さくFenderと書いてるしスクワイアでもいいかってことで

45000円で購入することに。

当時、5万円で買えるフェンダーストラトキャスターは文字部分が

リッチー使用のと違って小さく書いてるだけだったので

やっぱの文字は大きくなくちゃ!とその部分に拘りが強く、

形から入る典型的な女子高生だったわけであります

こちらはリッチー使用の本物のストラト

ヤングギター様、この部分の写真お借りしました

ちなみにアンプは母曰く2万円までとのことで、マーシャルだと

サイズがめっちゃ小さく、ローランドだと倍の大きさだったので

エディ似の店員さんの薦めもあって、結局ローランドを買ったというオチね

中学の頃から恋焦がれたストラトキャスターを手にしてギタータブ譜

何冊も買って、ギター教室にも通ってやっとこさSmokeOnTheWaterが

弾けるようになったけど、それ以上が上達しない(;;)

当時よく考えてたのがジョンサイクスは17歳からギターを始めたらしいのに

あんなにも上手くなっている。だったら16歳で始めた私にも出来るはず

ってことだったけど、才能っちゅーものはどうしようもないもんで、

いくら練習してもダメなものはダメ。

女子高生メタルバンドIronRaingerを結成してもアッと言う間に

空中分解したし、そのうち弾くより聴くだけでいいという気持ちが

強くなってしまい、あれほど恋焦がれたストラトは単なる飾りとなって

今日に至ってるわけです。

無茶な使い方は全然してないし、見た目はほぼ新品同様に近いかも。

写真がヘタでライトが反射してるやん!

撮り直ししてもネック部分に光が反射してるつくづく写真ヘタなワタシ

前置きが超〜長くなりましたが!!

引っ越ししようが、結婚しようが、私に35年間もお供してくれた

クワイアのストラトキャスター

もうこのメーカーは無くなってるだろうし、所詮フェンダーの廉価品だし、

ゆくゆくは粗大ごみとして捨てるしかないだろうなぁと思っていたら、

先日ギターのプロの方と話をする機会があって、1982年〜1984年の3年間に

製作されたスクワイアのギターはプレミアが付いているとの話を聞いてビックリ

そこでスクワイアのことを調べたところ、wikiにこんなことが書いてあったよ。

クワイア/スクワイヤーのブランド名は、フェンダー社が1965年に買収した

弦メーカーVCSquierCompanyに由来する。

フェンダー社は1970年代末から日本製の高品質かつ安価なコピーモデルとの競合に

苦しみ、1982年に日本の神田商会や富士弦楽器製造現在のフジゲンと提携して

フェンダージャパンスクワイア/スクワイヤーの2つのブランドを創設した。

クワイア/スクワイヤーは当初、日本国内専売ブランドであったが、

やがてフェンダー社はこれをヨーロッパ向けの廉価ブランドとして利用することを

考え、最終的にはフェンダー社の廉価ブランドとして全世界に供給されるように

なった。製造国も日本以外に拡大し、これまでにアメリカ、韓国、インドネシア

中国、メキシコ、インドでスクワイア/スクワイヤーが製造されている。

当初ヨーロッパに供給されていたのは、日本国内ではフェンダージャパンブランド

で販売されていた製品で、JVJapanVintageの意シリアルのフェンダー

ジャパン、いわゆるジャパンィンテージに相当する。

これは1984年まで供給され、高い評価を受けた。

見分けるのは裏のプレートに刻印してるシリアル番号だそう。

JVから始まるのがジャパンィンテージの証らしいよ。

確かにうちのストラトちゃんもJVから始まってるし、

1982年に買ったから一番最初のモデル

結構いい値段がつくかな〜売らないけど(笑)

ということで久しぶりに弾いてます

18歳で断念してたギターだけど33年ぶりにSmokeOnTheWaterから再開ってことで

使用しているピックは今年9月のドリームシアター来日公演の時に

ペトルーシ様から手渡しで頂いたピック2枚のうちの1枚

これ、最高に贅沢な使い方かと!()