明智抄さんという漫画家さんの作品が素晴らしい

一部のマニアにしかわからないと思うのですが、明智抄さんという独特の世界観をマンガにしていた方がいて、ファンからは孤高の天才などと絶賛されており、私も大ファンです、笑。

鳥類悲願始末人(ソノラマコミック文庫始末人シリーズ)

A

始末人シリーズ5巻ぐらい出てます。はらせぬ恨みをはらしてくれる始末人というと、怖い感じに思われると思うのですが、かなりふざけてます。笑えます。

でも、けっこういいこと言ってるなと思うのです。私が好きななのは百花繚乱始末人、白雪幻想始末人、水上夢幻始末人、鳥類悲願始末人、勧善掌握始末人などなど。

砂漠に吹く風(1)(Beamcomix)

Amazon

死神の惑星(ほし)(3)(ソノラマコミック文庫)

Amazon

砂漠に吹く風、死神の惑星という作品ぐらいになると、神がかっていてコメントできません。

好きにはたまらない!!

パンドラ完全版(後編)明智抄名作選3(明智抄名作選3)

Amazon

いろんな作品で、これは名言だと思うものが数あるのですが、一番いいなと思ったのが、パンドラという作品に使われている言葉。

今夜あなたの眠りの床が安らかでありますように

めざめの朝のあなたの胸に希望の息吹がやどりますように

ひかりになれるならあなたの進む先を照らし

露となれるなら喉をうるおし

あなたの道の茨を刈りとり

あなたの先の礫を除き瞳の憂いを拭い去る

それが私の祈りのすべて

この文を読んだとき、私の勝手な解釈なのですが、すべての人を包み込んでいるなにか、天だか空だか高次元だか命だかなんだかよくわからないけれど、それが言ってくれている、その願いの言葉、祈りの言葉のような気がしたのです。

素敵。

私もこんな素敵な言葉を紡ぎだせるようになれたらいいなと思うのです。